元気メンズファッション

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > 税務署で教えて貰えます

税務署で教えて貰えます

住居を売る際にかかる経費ですが、仲介業者への手数料や司法書士に払う抵当権抹消費用、金額に応じた印紙税がかかります。

 

不動産売買といえば高額な取引ですから、業者へ払う仲介手数料もまとまった金額になります。

 

不動産会社を介さず自分で家を売却することで、格段にコストが抑えられるということになりますが、時間も労力もかかる上、個人ではトラブルが生じた時に対応できませんから、ここはやはり専門家に頼るべきでしょう。

 

競馬、もしくは、競艇といったギャンブルの払戻金、及び、生命保険の一時金、損害保険の満期返戻金などに代表される、定期的に発生する収入の他に臨時的に入るお金は所得の種別で言うと一時所得になります。

 

不動産の売却で得られたお金も同じく臨時の収入ですが、これは別の区分で譲渡所得と呼びます。

 

所得税額の算出時も一時所得と分離して計算されます。

 

例外も多々ありますから、確定申告を確実に行いましょう。

 

住宅を売って得たお金には所得税などの税金はかかるものでしょうか。

 

簡単にいうと「課税される」が正解です。

 

しかし非課税になる場合も多いです。

 

購入時の価額より高い値で売れた際は所得税の課税対象となり、売値がもとの買値を下回れば損失となり、所得税は不要です。

 

ただ、もし高く売れたとしても控除後の譲渡所得が3000万円以下の場合は、確定申告をすれば所得税はゼロで済みますし、超えても超過分に対する納税だけでよくなります。

 

申告書の作成方法は税務署で教えて貰えます。

http://floridapostpartum.com/